二人間の養育の実測とメモ。これはずっとの忘れられないキャリアとなる。

あたしには、現時点年6才と2才になる男子がいます。年が離れているので、次男が誕生する頃には幼稚園に通いはじめてあり、二人間の養育とは言え、わりと楽なのではないかなと思っていました。
実際に、次男が生まれてみたら、長男の悪い赤ん坊かえりに悩まされました。3才幾分まではじめ人間っ子で、いつも長男のローテーションに合わせて生活していたのが、次男の生まれによりローテーションが壊れ、心構えが壊れ、はっきり言って次男より、長男のお世間話の方が大変になってしまいました。
赤ん坊返りが落ち着いてきた頃、今度は次男が気管支喘息にかかりました。長男は、お兄ちゃんらしく、私のお輔佐をしたり、弟の気掛かりをしたりしていました。
次男の入院が決まった時は、あたしよりも落ち着いていて、小包がいっぱいあって保ちきれないのに気がついたのか、病室まで小包を持っていってくれました。
必死、二人間の輩育ってって言うのは、はじめ人間よりも倍かそれ以上に困難んだなと痛感しました。本当に猫の手も借りたいような年中でした。

そういった困難年中から、約1年半経ちました。今では、子供達だけで遊んでいたり、長男が次男のランチタイムのお輔佐をしてくれたり、オムツが汚れたのを教えてくれたり、正直言って、長男が2才の場合よりも楽だなと感じます。きっと、私も子育てに慣れてきているのもあるだろうけれど、長男のおかげたと思います。子どもが二人間=大変さ倍っていう事でないんだなと先日思います。最近はルルルンというフェイスマスクを使って保湿しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です